« ドラマ「剣客商売」感想 | Main | AERAのB'z記事 »

2004.01.21

熱狂的なファン心理に潜むモノ

尾崎豊さんのトリビュートアルバムが発売されます。
これがすごいメンツで、必聴でございます。
宇多田ヒカルちゃんの「I LOVE YOU」は、以前ライブで歌ってるのをDVDで見ましたが、あの音源がそのまま再収録されるのかな?
しかし岡村ちゃん、トリビュートに参加するなら、早くソロでオリジナルアルバム出してくれよ・・・_| ̄|○

実は私、尾崎豊さんがバリバリに活躍していたころは、彼のことが大変苦手でございました。(^^;;;
いや、正確には彼が苦手というより、彼の熱狂的ファンが苦手だったのです。
彼の表現する世界感があのようなものだったゆえに、多くの熱狂的ファンが、自分自身に対してもう見れなくなった「夢」を彼に重ね合わせ、彼に体現してもらおうとしていたことが、何より気持ち悪くて(爆)ダメでした。

当時、私は吉川晃司さんの大ファンでして(笑)、吉川さんは尾崎さんと大変親しかったので、吉川さんのインタビュー記事に「尾崎と飲みに行って、また二人で酔っ払いすぎて馬鹿をやっちゃった」みたいな話が出てきていたのを、よく読んでいました。
ですから、私は尾崎さんのことを「教祖」でも「カリスマ」でもない「普通のあんちゃん」だと思ってましたので、尾崎さんの置かれている立場をかわいそうとすら思っていました。
矢沢永吉さんや松田聖子さんみたいに、「カリスマ」や「スター」であることを楽しめる、芸能人としての自分に強烈なナルシシズムを持った人間は別ですが、普通の人間が尾崎さんの立場に置かれれば、本当の自分と、ファンが思い描いている自分とのギャップに耐えられないと思います。
子供心(といっても当時すでに私は高校生でしたが)にも、尾崎さんが本来自分を解放するために作ってきた曲で逆に追い詰められていくように見えて、「この人、いずれまったく曲が書けなくなるか、下手をすると死ぬなぁ」と思っておりました。
尾崎さんが急性麻薬中毒で急逝されたときは、正直「やっぱり」って思いましたよ。
今でも、なぜ彼のファンは、「普通のあんちゃん」があんな素晴らしい曲を書くからかっちょいいんだって思ってあげなかったのかなぁって思います。
アメリカで反体制的な土壌から生まれてきたROCKやRAPが、日本では反体制的なモノとして成立していないのは、そういう日本特有の環境もあるのかなぁと思ったりもしますね。

私は、多少の差はあれ、熱狂的なファン心理には、応援するという行為を通じて、自己の存在の意義を確認したり、肯定したいという気持ちが潜在していると思っています。
対象が自分に対して反応を示してくれるとうれしいのは、その現れですね。
ただ純粋に「応援している」だけならば、対象が自分に対して反応しようがしまいが、関係ないでしょう。
対象が何かを成し遂げたり、世間に認められたりすると、自分まで誇らしい気持ちになったりするのも、同じ。
別に自分は何にもやってないのに、応援してきた自分に誇りを感じているのです。(笑)
極端な人は、自分を完全に対象に重ねてしまっていて、ひどい場合は、対象が自殺したら後追い自殺しちゃったりしますしね。
よく自分の応援するアーティストやアイドルを批判されたり、自分の応援の仕方を批判されると逆ギレする方がいますが 、あれは要するに「結果的に自己を否定されたからキレている」のであって、全然アーティストやアイドルのためじゃないんですよね。
「そうじゃなくてアーティストやアイドルに『恋してる』んだよ」っておっしゃる方も、いるかもしれません。
でも、自分の恋している人を批判されてキレる人って、本当にその人が批判されたからキレているのでしょうか?
私は、そんな人に恋してる自分が批判されてると感じたからじゃないの?って思います。
そういう意味では、「恋」も「熱狂的なファン心理」も、自己確認・自己肯定の有力な1つの手段として、似ているかもしれませんね。
あ、「キレる」ということと「冷静に反論する」というのは、全く違うことですし、私もそれはわかっていますので、ここを読んでるみなさんもご理解くださいね。

100%ではないにしても自分のために応援しているのに、まったく気が付かないで、「自分は純粋な気持ちでアーティストやアイドルを応援しているんだ」と信じきっていたり、もしくは本当は気が付いているのに認めたくなくて気が付いていないかのようにしている人が、私にとってはイタい。(爆)
現実を見ないこういう人は、アーティストやアイドル本人に対する痛烈な批判を、それがどんなに正当な内容であっても、表面的にはどうであれ、心の中では認めませんから。(笑)
つーか、本当のアーティストやアイドルの姿も見えてないような気が。(爆)
私が某M潤関係の掲示板から去ったのは、そういう方が多かったせいもあります。
昔の尾崎さんのファンのように当時中高生だったのならばともかく、けっこういい年した方々ばかりでしたので、なおさら「なんだかなぁ・・・」という感じでございました。

その某M潤掲示板に関して一番びっくりしたのが、自分と違う意見を持ってて気に入らないからって、メールをまったく無視する人がいたり、嵐のコンサート会場であちらから近づいてこられたにもかかわらず、こちらが名乗ってご挨拶したら顔を隠して無視した人がいたことですね~。(^^;;;
メールの件は、その方、私に対してだけじゃなく他の方にも同じようなことをされたらしいので、ホントにそういう方みたいです。(苦笑)
コンサート会場で無視された件にしても、気の合わない人でも名乗って挨拶されれば、自分も名乗るのが最低限の礼儀でしょう 。
私もお世話になった人に用事があったからそこにいただけで、こちらから挨拶に回っていたわけではなく、私だと知らないで来たとはいえ、「そっちからきておいて、それはないだろ」って感じでしたね。
8年間のネット歴で、いろんな人と出会ってきましたが、日常生活においてもネットにおいても、「礼を失しても、嫌いな人とは口きかない」なんて子供じみた人には、大人になってから出会ったことなかったもので、ドびっくり。(@_@)
正直「ジャニファンのヲバって、こんな常識はずればっか?」って思いましたよ。
あ、もちろん常識を持ったいい方たちとも、たくさん出会えましたけどね。

と、まあ言いたい放題でございますが、これもblogだから書けること。
人様のサイトでこのようなことを書くことは、それこそガキのすることだということはわかっておりますので、大目に見てくださいまし。

最後になりましたが、M潤くんは、「芸能人としての自分に強烈なナルシシズムを持った人間」のカテゴリに入る人だと思ってます(笑)ので、尾崎さんみたいに亡くなったりすることは絶対ないって思ってます。
ただ、アイドルっていろんな意味で本当に大変な職業だなぁとは思います、ハイ。(^^;;;
あ、ちなみに私、松田聖子さんも大好きで、先日も妹と「一度はコンサートかディナーショーに行ってみたいねぇ」という話をしておりました。
ナルシシズムもあそこまで貫き通せばかっこいいですから。(笑)

|

« ドラマ「剣客商売」感想 | Main | AERAのB'z記事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15320/122601

Listed below are links to weblogs that reference 熱狂的なファン心理に潜むモノ:

» ファン心理かどうかよくわからないけど [Monologue]
ゆみこのみ〜は〜ぶろぐさんの「熱狂的なファン心理に潜むモノ」を読ませていただいて、思い出したこと。 芸能関係うとくて、尾崎豊さんのことも、他のアーティストの方や... [Read More]

Tracked on 2004.01.23 at 11:36

« ドラマ「剣客商売」感想 | Main | AERAのB'z記事 »